フォト

最近のトラックバック

おしらせ

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

旧年中はお世話になり、ありがとうございました。
本年も変わらぬご愛顧・お引き立てを賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

※1月4日より「初売り・新春寿の会」を行います。
是非、ご来館下さい。

Img_6423 

 

 

 

年末年始の休業のおしらせ

「きもの絵巻館」は12月30日より1月3日まで年末年始の休業とさせて頂きます。

 年明けは1月4日より「初売り・新春寿の会」を行います。

一年間のご愛顧に心より感謝申し上げますとともに、またのご来店をお願い申し上げます。

夏川りみクリスマスディナーショー

12月13日(火)に夏川りみさんをお迎えして行う「新潟県きもの振興会中越支部」主催のクリスマスディナーショー。

「ホテルニューオータニ長岡」が作成したチラシには、ホテル主催の夜の部のスケジュールと料金が記載されています。

「新潟県きもの振興会中越支部」が主催するお昼の部は午後1時より、少しお安い特別料金にて行います。

またきもの着用でご参加された方にはプレゼントもございます。

どなた様もご参加できますのでお気軽にinfo@kimonoemakikan.co.jpまでお問合せ・お申込みください。

 

Photo_20220921142101

岸田首相の言葉

昨日、「日本きもの連盟」ときもの大使の平原綾香さんの来訪を受けた岸田文雄首相のこんな発言が掲載されていました。

「着物を着る機会がだんだん少なくなっている中で、絶えず着物を着る機会を増やしていくことは大事なことだと思います。
私も5月にアメリカのバイデン大統領が来た時に、お茶と着物でもてなしたことがありました。
やはり着物は日本の文化をアピールする上で重要な存在です。

これをいかに世界にアピールするか。
そういった機会をたくさん設けることが大事なことだと思いますので、ぜひしっかりとこうした機会を作っていきたい。
私の立場からも思いますし、みんなでも、いろんな機会を作るために努力するのが大事なことだと思います。
赤字部分に注目です!!

Img_4228

伴治郎の夏休み

8月13日()~16日(火)まで、「伴治郎」は夏期休暇とさせて頂きます。
「伴治郎」夏期休暇中、何かございましたら、025‐757‐9529(きもの絵巻館)までお電話下さい。
メールinfo@banjiro.comでも対応させて頂きます。

連絡

先日「ブリッジにいがた」にて開催いたしました「伝統的工芸品『十日町明石ちぢみ』&ゆかたコレクション2022」にご来場いただき、草履につきましてお問い合わせをいただきましたお客様へ。


詳しいことがわかりましたので、お手数ですが、ご連絡ください。


宜しくお願い申し上げます。

十日町きものフェスタ2022

昨日、「十日町きものフェスタ2022」の入賞作品が発表されました。
最高賞の「経済産業大臣賞」には吉澤織物の特選手描友禅振袖「きわみ 絢爛」が決まりました。
これで吉澤織物は、7年連続の「経済産業大臣賞」受賞となります。
また、吉澤織物は、「紬部門」・「帯部門」・「訪問着部門」で部門最高位の「新潟県知事賞」を獲得しております。
今回も新型コロナウイルスの影響で一般公開が中止となりましたので、改めて「きもの絵巻館」にて吉澤織物の受賞柄を中心に展示し、皆様よりご覧頂く機会を設けたいと思います。
2407

時代とともに にいがた企業ヒストリー⑤

『新潟日報』の「時代とともに にいがた企業ヒストリー」、吉澤織物株式会社の第5回目、最終回です。
今回は「きもの総合産地」である十日町市の現状、吉澤織物のブランド「吾妻徳穂 踊りの世界」「文楽・人間国宝 吉田簑助の世界」「吉祥の晴れ着 田中優子の世界」などのことが紹介されています。
また、「きもの絵巻館」と「伴治郎」のことにも触れておりますので、是非、ご覧ください。
※伝統的工芸品「十日町明石ちぢみ」の製織工程や友禅染めの工程などをご覧いただくことができます。
電話025‐757‐9529かinfo@kimonoemakikan.co.jpまでお問い合わせ・お申し込みください。
※ただ今は新型コロナウイルス感染防止対策のため、団体様の見学をお断りしております。予めご了承ください。
Photo_20220207100701

佐渡島金山、ユネスコ世界遺産に推薦!

日本国政府は「佐渡島の金山」をユネスコ世界遺産に登録すべく、推薦書を提出することになりました!


佐渡島金山ネクタイはありませんが、「きもの絵巻館」は吉澤織物株式会社のプリント工場で製作したオリジナル朱鷺柄ネクタイを販売し、佐渡島金山の世界遺産登録をで応援します!

※オンラインショップも開設予定です。

Img_0833

Img_0812

Img_0835

Img_0834



時代とともに にいがた企業ヒストリー④

『新潟日報』の「時代とともに にいがた企業ヒストリー」、吉澤織物株式会社の第4回目です。
今回は「吉澤の友禅」というブランドを確立した友禅染めへの挑戦の後で、祖業である織物を再度構築いたします。
昭和57年に伝統的工芸品に指定された「十日町明石ちぢみ」を復刻させたこと。
全国の「織」の技術を集積し、「織・染・箔・繍・絞」といったきもの工程を複合されたブランド「伝統工芸士
七代目吉澤与市の世界」を展開した話です。
是非、ご覧ください。
電話025‐757‐9529かinfo@kimonoemakikan.co.jpこちらのフォーマットまでお問い合わせ・お申し込みください。
※ただ今は新型コロナウイルス感染の防止対策のため、団体様の見学をお断りしております。予めご了承ください。
Photo_20220131160201 

より以前の記事一覧