フォト

最近のトラックバック

« 吉澤織物の2021年版新作振袖カタログ | トップページ

新潟県きもの復興祭のおしらせ

「新潟県きもの復興祭  きものRENAISSANCE 新型コロナウイルスに負けず、日本と新潟県のきもの文化を守ろう!」
が下記のように開催されます。
案内状をご希望の方はinfo@kimonoemakikan.co.jpまで
①お名前
②ご住所
③連載先
をお知らせ下さい。
また、10月30日に行います「吉澤織物株式会社昭和町工場の見学」と、11月1日と3日の「きもの撮影会」も同様にお申し込み下さい。
※撮影会参加希望の方は、本年度成人式の予定か結婚式などの予定だったかもご連絡下さい。
【新潟県きもの復興祭】
日時:令和2年10月30日(金)~11月3日(
        午前9時30分~午後6時
会場:きもの絵巻館(新潟県十日町市寿町3-2-15)
         吉澤織物昭和町工場(新潟県十日町市寿町4-8)
主催:新潟県きもの復興祭実行委員会
事業目的:
新型コロナウイルス感染症の拡大により、新潟県内各地の「成人式」が延期または中止となり、新成人が十日町市を中心に製造されている振袖を着用し、人生の節目をお祝いする機会が失われています。
また、「3密対策」の徹底や県境を越えた移動制限により、「入学式」や「卒業式」・「結婚式」なども自粛され、「晴れ着」を着る場もありません。
更には「新しい生活様式」が発表され、茶道・華道・日本舞踊など人が集まって日本文化を体験する機会もなく、観劇や友人同士のお食事会など「着物」を着て出かけることがなくなりました。
これらの影響により、県内のきものメーカー・問屋・小売店・きもののお手入れや仕立てを扱う会社の仕事が激減し、「きもの文化」を支える事業者の存続が危ぶまれています。
そのような状況を鑑み、製造・流通・小売が一体となり、きもののお手入れをする業者や美容師・写真撮影などのきもの周辺業者と力をあわせて、新潟県のきものをPRして、感染防止対策に留意し、消費喚起及び需要拡大を図ります。
「新潟県きもの復興祭」特別企画:
① 10月30日(金)~11月3日() 
・新潟県内産地のきもの展示・販売
・伝統的工芸品「十日町明石ちぢみ」マスク・洗える絹マスクなど新型コロナウイルス対策商品の販売コーナー
・きもの着用者への素敵なプレゼント贈呈
・茶道の心のおもてなし
 ② 10月30日(金)
吉澤織物昭和町工場見学(1日2回午前10時~と午後2時~・予約制)
③ 10月31日()・11月1日(
・重要無形文化財「越後上布」いざり機の実演
・きものお手入れ相談会
・「絵巻館ひろば 秋の収穫祭」 (農産物販売)
④ 11月1日()・11月3日(
きもの撮影会(事前予約制 ・ 申込には限りがあります。)
本年成人式を迎える予定だった新成人を対象に振袖姿の撮影会を行います。
また、結婚式などが延期になりました方も対象になります。
撮影会に参加される方にはヘアーメイク・着付け・アルバムをサービス致します。
※実行委員会に委員として参加されていた、小河織物工場代表小河正義氏が急逝されました。
心よりご冥福をお祈りし、生前小河氏が取り組まれた、重要無形文化財「越後上布」の魅力を、今回のイベントにて発信して参ります。
1_20201010082501
2_20201010082501

« 吉澤織物の2021年版新作振袖カタログ | トップページ

展示会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉澤織物の2021年版新作振袖カタログ | トップページ