フォト

最近のトラックバック

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

9月「十日町・きもの染織展(旧十日町フェア)」、速報!!

東京で開催されている恒例の「染織の祭典 十日町フェア」の速報です!

今回より「十日町・きもの染織展」と名称変更してのリニューアル開催になります。

この「十日町。きもの染織展」では、人気ブランド「吾妻徳穂 踊りの世界」などの吉澤ブランド振袖や吉澤織物の様々なお着物をご覧・ご試着頂くこともできます。

案内状の発送はまだ先のことになりますが、案内状のご希望の方は、

①住所

②氏名

③電話番号

をご記入の上、メール(info@kimonoemakikan.co.jp)にてお願いします。

またお問い合わせもメールにて承ります。

【十日町・きもの染織展】
日時:平成28年9月1日(木)から9月4
日(日) 

    午前10時~午後6時

    (初日は午前11時から、最終日は午後5時まで) 
会場:
サンライズビル東京(東京都中央区日本橋富沢町11番12号)

『美しいキモノ』夏号が発売されました。

2016_width308

『美しいキモノ』夏号が発売されました。

今回P66・P67に「あなたは淡色派?それとも濃色派? 小意気に楽しむ、明石縮の着こなし」」という特集で、吉澤織物の伝統的工芸品「十日町明石ちぢみ」が掲載されています。

伝統的工芸品「十日町明石ちぢみ」を「きもの絵巻館」ではきものアイ特別価格にて販売致しております。

これらの「十日町明石ちぢみ」を産地メーカー直販価格で購入できる「伝統的工芸品『十日町明石ちぢみ』&ゆかたコレクション2016」と、「伝統的工芸品『十日町明石ちぢみ』」を特別企画にした「夏の吉美展」を下記のように開催致します。

【伝統的工芸品「十日町明石ちぢみ」&ゆかたコレクション2016】

日時:平成27年6月15日(水)~20日(月)     

     午前10時~午後6時30分(15日は正午から、20日は午後5時まで)

会場:ブリッジにいがた(東京都中央区日本橋室町1-6-5 だいし東京ビル1F 03-3242-2840)

【夏の吉美展】

日時:平成28年7月1日(金)~7月4日(月)     

    午前9時~午後6時

会場:きもの絵巻館(新潟県十日町市寿町3-2-15 025-757-9529)

特別企画:「十日町明石ちぢみ」と夏のお洒落きもの

 「伝統的工芸品『十日町明石ちぢみ』&ゆかたコレクション2016」と「夏の吉美展」の案内状をご希望の方は、

①住所

②お名前

③ご連絡先・電話番号

をご記入の上、メール(info@kimonoemakikan.co.jp)かお電話(025-757-9429)にてお申し込み下さいませ。

1

BANJIRO 10h Anniversary〜お客様に感謝の気持ちを込めて〜

原宿「伴治郎」は平成18年の5月11日にオープンし、今年で開店10周年を迎えることができました。

皆様のご愛顧・お引き立てに心より厚く御礼・感謝申し上げます。

「伴治郎」では、5月11日より下記のように10周年の記念イベントを開催しています。

是非、ご来店下さいませ。

【BANJIRO 10h Anniversary〜お客様に感謝の気持ちを込めて〜】

日時:平成28年5月11日(土)〜29日(土) 

    午前11時〜午後6時

※期間中の22(日)はお休みさせて頂きます。

会場:伴治郎店内

記念企画:①店内商品…ALL20%OFF

      ②逸品特別100,000円均一コーナー 

      ③きものクリニック(染み抜き・丸洗いなど)…特別大サービス50%OFF    

      ④伝統的工芸品「十日町明石ちぢみ」など夏物新作。     

【10周年によせて】
 原宿の「伴治郎」が10年目を迎えました。まことにおめでとうございます。


 新潟県十日町市の吉澤織物は、豪華な手描き友禅など、全国の皆さんが袖を通す高級な着物から、与市ブランドの紬のような、着物好きの人がなじんでいるお洒落な着物、そして江戸時代から近代に至るまで庶民に愛されてきた「ちぢみ」まで、まことに
幅広く着物を創り続けてきました。

 これも江戸時代中期、宝暦年間より織物業に携わった伝統があるからこそ、なし得た業だと思います。


 原宿に「伴治郎」ができたことで、私はもちろん多くの人が着物の相談に、気軽に寄れるようになりました。
 私自身、ここで「源氏物語の会」を開き、皆さんと一緒に『源氏物語』を読み、その中に書かれた着物を味わいました。
 東京六大学初の女性総長として、入学式にも卒業式にも吉澤の着物をまとい、大学野球の始球式に出るときも、着物と袴で「伴治郎」から出発しました。
「伴治郎」は、私の着物生活の拠点です。


 日本は世界に開かれ、世界と競争しています。
 今だからこそ、着物を日本文化の礎として打ち出さねばなりません。そのためには、多くのかたに日常生活の中で着物を味わっていただきたいと思います。


 「伴治郎」を拠点に、そういう日本を一緒に創っていきたいですね。

                      法政大学総長 田中 優子 

今月7日から10日まで「十日町織物 産地特別招待会」が開催されます。

Photo_3


GW明けの7日から「十日町織物 産地特別招待会」が開催されます。

十日町市内のメーカー各社のきものが一堂に会し、皆様からご覧頂くことができます。

案内状をご希望の方は

①住所

②氏名

③電話番号

をご記入の上、メール(info@kimonoemakikan.co.jp)かお電話(025-757-9529)にてお願いします。 またお問い合わせもメールにて承ります。

【十日町織物 産地特別招待会】

日時:平成28年5月7日(土)から5月10日(火)まで         

            午前10時~午後5時30分     

会場:道の駅 クロステン十日町2F大ホール・中ホール(新潟県十日町市本町6丁目 025-757-2323)

※「十日町織物 産地特別招待会」は十日町市が後援しており、十日町市外・新潟県外からご来場頂きましたお客様に、交通費ご負担分に対しまして、補助金が交付される予定です。 金額は全体の来場者数によって決定致します。

本日は、十日町市・津南町で成人式です。

本日、十日町市・津南町では成人式が行われます。

また、新潟県内でも5月3日に成人式を行う地域があります。

「きもの絵巻館」では、朝6時30分から振袖の着付けサービスを行っています。

着付けの後は、特設スタジオにて記念撮影、アンケートにご協力を頂いております。

Fullsizerender

今年から設えもより本格的にし、写真サービスのクオリティを向上させています。

Fullsizerender_2

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »