フォト

最近のトラックバック

« 伝統的工芸品「十日町明石ちぢみ」とは④ | トップページ | 十日町きものフェスタ 2010② »

十日町きものフェスタ2010

4月12日から17日まで「十日町きものフェスタ2010」がクロス10にて開催されます。

明日から16日までは商品プレゼンテーションと審査ということで、一般の方も「ユーザー審査員」として参加することができます。「きもの絵巻館」では「ユーザー審査」の入場券をご用意しておりますので、ご関心のある方はメール(info@kimonoemakikan.co.jp)かお電話(025-757-9529)にてお申し込み下さいませ。

17日は「一般公開」となっておりますので、どなた様もお気軽にご覧頂くことができます。

またこの期間中は市内のメーカーが自社展示会場にて問屋さんや全国の小売屋さんに新作の提案を行います。

吉澤織物でも展示会場「吉彩館」に「十日町きものフェスタ2010」期間中(17日を除く)ならではの膨大な品揃えをしております。

「きもの絵巻館」にお着物をお買い求めにご来館頂きましたお客様で、ご希望の方は特別に、本当に特別にこちらの「吉彩館」にご案内申し上げます。

「吾妻徳穂 踊りの世界」をはじめ様々な振袖(もちろん「七代目 吉澤与市の世界」や「十日町明石ちぢみ」・訪問着、付下、色黒留袖もございます)をこれだけの規模でご覧頂く機会は、まず、ありません。もちろん、お値段は「きもの絵巻館特別価格」です。先日西陣にて仕入れをしてきたばかりの袋帯も揃っております。

着物が多すぎて選べない!

まさにそんな状態ではありますが、この「きものワールド」を体験してみたい方、 「そんな中から私好みの一枚を選んでみせる!」というお客様は、是非、メール(info@kimonoemakikan.co.jp)かお電話(025-757-9529)にてお問い合わせ下さい。

「吾妻徳穂 踊りの世界」の振袖や吉澤織物の古典柄をお探しのお客様ならば「他でも見てみたい。」とは決して言わせません!

もちろん、「吉彩館」1Fの友禅流しの工程はじめ吉澤織物の工場もご覧頂くこともできます。

※業界関係者や団体様でのお申込みはお断りさせて頂くケースもございます。また、一般消費者様向けの展示ではございませんので、不便もあろうかと思いますが、予めご了承下さいませ。

きものを見すぎて目が「チカチカ」致しましても「責任」を負いかねます!

« 伝統的工芸品「十日町明石ちぢみ」とは④ | トップページ | 十日町きものフェスタ 2010② »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十日町きものフェスタ2010:

« 伝統的工芸品「十日町明石ちぢみ」とは④ | トップページ | 十日町きものフェスタ 2010② »