フォト

最近のトラックバック

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

岩崎宏美クリスマスディナーショー

恒例となりました新潟県きもの振興会中越支部主催のクリスマスディナーショーのご案内です。

今年は「ロマンス」や「聖母たちのララバイ」などのヒット曲で有名な岩崎宏美さんをお迎えしての楽しいクリスマスディナーショーです。お席に限りがあります(40席)ので、お早めにお問い合わせ・お申込み下さい。
【岩崎宏美クリスマスディナーショー】
日時:平成20年12月8日(月)午後1時開場・午後1時15分お食事・午後2時45分開演
会場:ホテルニューオータニ長岡2F白鳥の間(長岡市台町2-8-35 0258-37-1111

会費:通常33,000円のところお一人様特別会費15,500円(フルコースでのお料理・お飲み物・ショー・サービス料・税金が含まれています。)
送迎:「きもの絵巻館」とホテル間での無料送迎バスをご用意致します。(途中でのご乗車・ご降車はできません)

※岩崎宏美公式サイト(http://www.hiroring.com/)

第3回きもの文化検定

10月26日(日)に「第3回きもの文化検定」が行われます。とういことは、試験までいよいよ1ヶ月になったわけです。受験申込みをされたみなさん、勉強はすすんでいますか?

「きもの絵巻館」のスタッフも昨年に続き、3級・2級を新潟会場で受験します。3級は昨年、正答のない問題があったり、某私立大学の受験並みの悪問題があったりで、試験開催後には「全日本きもの振興会」のなかでもいろいろと議論があったようです。試験を通じての「きものの振興・普及」が目的なのか?「受験者を落とす」のが目的なのか?ということなのかもしれません。

それらの議論を踏まえて今年の「きもの文化検定」の問題が作成されているのか、それとも引き続き悪問・難問を用意しているのかわかりません。公式教本Ⅰ・Ⅱの隅々、写真の解説(沖縄諸島の位置関係も含めて)まで目を通しておいた方が良いかもしれませんが、しっかりと基本を抑えて、とりこぼしをしなければ70点は獲得できるのではないでしょうか?

2級は『美しいキモノ』の練習問題を見ると、マークシートと記述が併用になるようです。覚えているつもりでも、結構言葉が出てこないものもありました。「きものや」として反省すると同時に、試験対策としては、文言・言葉・漢字・図を正確に記憶して、早く的確にアウトプットできるような訓練をしておく必要を感じさせられました。

合格を目指して、頑張りましょう!

きものの街のキルト展

080923_113822  9月21日より十日町市内では「きものの街のキルト展」が開催されています。今回で5回目となりますが、毎回多くのお客様が市内各所に展示された作品を見に訪れます。

今回から「きもの絵巻館」にもキルト作品が展示されています。キルトスタジオハティワークの朝倉澄子さんの作品とキルト工房りんごキルトの小林初枝さんの作品です。

「きもの絵巻館」の外にはPR用の青の幟も立っていますので、お気軽にお立ち寄り下さいませ。キルト作品づくりに使える紬のハギレセット(1,575円)もたくさんご用意致しております。

080923_113547

第5回武市昌子杯

080916_140220 渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで行なわれた「第5回武市昌子杯着付技術選手権」にお邪魔しました。学校法人国際文化学園様には日頃よりいろいろとお付き合いをさせて頂いており、第1回から参加を致しております。
会場内では振袖・留袖・花嫁衣裳の着付コンテストが行われていましたが、外では写真のように「きもの絵巻館」(株式会社きものアイ)はじめ様々な業者がコマ出店を致しております。
美容師さんや多くのお客様からお立ち寄り頂いています。今回は超お買い得価格の西陣袋帯が人気でした。

また、「吾妻徳穂 踊りの世界」シリーズの振袖なども多くのお問い合わせを頂きました。

「おかしな刑事5」東京ロケ

先日、十日町「きもの絵巻館」でもロケを行いました「おかしな刑事5」の「着物」に関わる重要シーンの撮影が赤坂の乃木会館で行われました。

先般の十日町ロケに続き、ひかる一平さんと岩間沙織さんの着物をはじめ、振袖・訪問着・紬など出演者の方がお召しになる着物と、舞台展示用の着物を「きもの絵巻館」にて全面的に協力させて頂きました。

スケジュールがあわず現地にお手伝いに行けませんでしたが、原宿「伴治郎」にていつもお世話になっている「きものサロン花子」の皆様から準備・着付・展示・後片付けなどを手伝って頂きました。

助監督の中田さんより「撮影もうまくいった」との連絡があり、喜んでいます。

「おかしな刑事5」ロケ

先日もこちらのブログに掲載致しましたが、十日町市内にて撮影を行っている伊東四朗さん主演「おかしな刑事5」の「きもの絵巻館」ロケが行われました。

主演の伊東さんと共演の羽田美智子さん、そして呉服屋(「きもの絵巻館」が呉服屋という設定です)の主人役のひかる一平さん、その奥様役の岩間沙織さんなどが来られて、朝から撮影を致しました。

ひかる一平さんと岩間沙織さんは最初から着物姿080901_134226での撮影でしたし、羽田さんは途中で着物を試着するストーリーで撮影が進んでいました。みなさん、とってもよくお似合いでした。

今度は東京の乃木坂で「着物ショー」の撮影があります。こちらの俳優さんの衣裳やモデルさんの着物、展示用の振袖・訪問着も「きもの絵巻館」と原宿「伴治郎」にてご協力をさせて頂く予定です。

放映日は未定ですが、今からドラマの完成&放送が楽しみです。

ごあいさつ

平素は株式会社きものアイに対しまして、格別なるご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

さて、8月31日をもちまして、弊社第34期の営業を無事終了することができました。これもひとえに皆様の暖かいご支援の賜物であると深く感謝致しております。

第34期におきましては、7月に「きもの絵巻館」で開催致しました「日本文化衣裳展-時代衣裳から近代のきものまで-」に多くのお客様からご来場を頂き、ご好評を頂戴しました。

また、「伴治郎」では水谷豊さんと寺脇康文さん主演の大人気テレビドラマ「相棒 Season6」に衣裳協力をさせて頂き、小料理屋の女将:宮部たまき役を演じた高樹沙耶さんからも、とても気に入って頂いたとお聞き致しております。

相棒」シリーズは劇場版も大ヒットし、この秋から「相棒 Season7」が放送される予定で、引き続き「伴治郎」が衣裳協力をさせて頂くこととなりましたので、是非、ご覧下さいませ。

明治30年9月に吉澤家五代目・貞治が現在地にて「明石ちぢみ」の製造を始め、「不易流行」を掲げながら、新しい歴史を刻む吉澤織物株式会社とともに、今期第35期を迎える株式会社きものアイに対しましても倍旧のご愛顧を頂戴致したく、心からお願い申し上げます。

                                    

 

 

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »