フォト

最近のトラックバック

« 祝 第59回十日町雪まつり | トップページ | きもので『源氏物語』を楽しむ会 »

『美しいキモノ』春号と吉澤家の系譜

『美しいキモノ』の春号110ページから「七代目 吉澤与市の世界」の新作紬が3点掲載されています。お問い合わせは十日町「きもの絵巻館」までよろしくお願いします。いずれも「きもの絵巻館」ならではの産地特別価格にてお取り扱い致しております。

さて「吉澤家」は、江戸時代宝暦年間に越後の縮市で活躍していました「吉澤伴治郎」を初代とします。その後二代目・与市、三代目・与市と続き、三代目・与市が安政年間に前掛地を製作した時を吉澤織物の創始の年としています。
更に四代目・虎吉、五代目・貞治、六代目・武治、七代目・慎一(現吉澤織物株式会社代表取締役会長)、八代目・武彦(現吉澤織物株式会社代表取締役社長)と続きます。
明治35年に五代目・貞治が明石ちぢみの製作を開始し、その年を吉澤織物の創業と致しております。つまり、本年は吉澤織物創業105年となるわけです。
「吉澤家」はきものの町・十日町で現在営業をしている関係会社の中では最も歴史の古い家柄になっております。

« 祝 第59回十日町雪まつり | トップページ | きもので『源氏物語』を楽しむ会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『美しいキモノ』春号と吉澤家の系譜:

« 祝 第59回十日町雪まつり | トップページ | きもので『源氏物語』を楽しむ会 »